2020. 10. 1
新型コロナウイルス感染症の弊害
健康診断を受けました。
昨年よりかなり体重が増えていました。
3キロ痩せるように指導されていたのに、5キロも増えています。
今年はコロナ太りといわれるように、体重の増えた方が少なくないと思います。
施術中に身体に触れると、あー大きくなったなあと感じる方もいます。
テレワークやステイホームなどで在宅時間が増えました。
そのせいで、ついついオヤツに手を出していた。
外食が難しくなった反面、家での自炊が楽しくなって、あれこれつくって食べすぎた。
ジムが閉まっていたり、感染が怖くて思うように運動できなかった。
体育館が使えずクラブスポーツができなかった。
マラソンなど大会が中止になってがんばる目標を失った。
ゴルフコンペもなくなり、練習しなくなってしまったという方が多いハズです。
身体的には、そうした日々で筋力が低下すると、ケガをしやすくなります。
在宅勤務中の姿勢の悪さは身体をゆがめてしまいます。
休憩も取らず作業に集中してパソコンに向かい続けていると、筋肉が固まってしまいます。
身体のメンテナンスは、ぜひ当院をご利用ください。
身体のゆがみを直し、関節の可動域を広げます。
そして、なるべく身体を動かしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020. 9. 1
骨盤ウォーキング
新型コロナウイルスの影響でテレビ界も撮影が難しいのか、昔の番組の再放送が多くなりました。
その中で、有名な先生がウォーキングの指導をしていました。
姿勢のつくり方や歩き方を見ていたら、私が習っていた骨盤ウォーキングに共通するものがありました。
今年は外出自粛を受けてウォーキング教室の場所が借りられず、現在も骨盤ウォーキング教室はお休みしています。
しかし、自粛期間中に自分の身体を見直す方もいたようで、歩き方を気にする姿をちらほら見かけました。
ジムなどのトレーニング施設での密を避けたい方は、ウォーキングやサイクリングなどが良いと思います。
そして、せっかくウォーキングをするなら、正しい姿勢を身につけて歩いたほうが良いに決まっています。
骨盤を正しい位置にした立ち姿をつくり、胸を張って腹筋を使った足運びをします。
少し早歩きのほうがウォーキングには良いのですが、時々スピードを落として正しい歩き方になっているか確認するようにしてください。
残念ながら、年内は骨盤ウォーキング教室を開催できないので、正しい歩き方については、院長までお気軽にお尋ねください。
正しい骨盤ウォーキングの方法をご指導いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020. 8. 4
熱中症
地球温暖化の影響なのか、極めて暑い夏が多くなったと感じます。
外気温が体温より高くなると熱中症の危険度が高まります。
特に高血圧など持病のある人は注意が必要です。
今年は新型コロナウイルスの感染防止に夏でもマスクを付けることがあると思いますが、ただでさえ暑い日のマスクはとても息苦しいです。
また、マスクを付けているとマスクを外すひと手間のせいで、つい水分補給が遅れがちになりますから、例年以上にこまめな水分補給を意識してください。
熱中症にならない対策をすることはもちろん、免疫を下げないためにも体調管理には十分に気をつけましょう。
疲労のたまった身体で深酒をしたり、睡眠不足が続いたりすることも危険です。
そこで、夏の体調管理にオススメなのが入浴です。
手早く汗を流すだけのシャワーではなく、湯槽にお湯をためて、ゆっくりと浸かりましょう。
さらに汗をかいて水分とミネラル分が出てしまうと、こむら返りを起こしやすくなります。
これに冷房による冷えが加わると、一層起きやすくなりますので、お風呂にゆっくり浸かってふくらはぎを揉みほぐしたり、足首のストレッチをしましょう。
そして、入浴前後の水分補給も忘れずに。
2020. 10. 1
頭痛、肩こり、猫背、腰痛、手足のシビレなどで悩んでいませんか?
その痛みは筋肉の使い方に問題があるかもしれません。
実は、間違った筋肉の使い方が骨格をゆがめ、その結果、神経が圧迫されて痛みが出るのです!
改善のカギは「筋肉・骨格・神経」のバランスにあります。
10月の健康新聞は身体のバランスについて、その中でも骨格矯正に関してまとめました。
健康新聞は院内でお配りしています!

━━━━━━━━━━━
2020. 9. 1
テレワークを始めてから腰痛に悩まされていると言う方が増えています。
在宅での「動かない×歩かない」生活は、これから秋~冬に向けてぎっくり腰の危険性を高めてしまいます。
そこで今回は「テレワーク腰痛には、整骨院の安心治療!」と言うタイトルで健康新聞を作成しました!
腰に負担のかかる座り方の例や、予防のための体操も図解していますので、ぜひご一読ください。
健康新聞は院内でお配りしています。

━━━━━━━━━━━
2020. 8. 4
整骨院ってどんなところ?
整骨院・接骨院がどのようなところかを知っているのは日本国民のうちの10%と言われています。
もう少し認知をあげたいものです。
ということでで、今月は整骨院・接骨院をご存じない方に、整骨院・接骨院はどのようなところかを知っていただくために、「整骨院は何をしているところなの?」と言うタイトルで健康新聞を作成しました!
ぜひご一読ください。
健康新聞は院内でお配りしています。



交通事故の施術も行っています

ニコニコ整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後~数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、03-5698-3170 までお電話ください。