2019. 7. 1
夏の冷え
意外に思われるかもしれませんが、冷えに気をつけなければならないのは、冬よりも夏です。
近年の夏の暑さはどうにもなりません。
高温の外気とエアコンで冷えた室内との気温差で体調を崩す方が非常に増えていきます。
気温差により自律神経が乱れると、発汗や血管の拡張収縮、体温調節などが上手に機能できなくなります。
そうして温度差に体調が振り回されると肩こり・腰痛など、身体の弱いところから不調が現れます。
体内に冷たさ、のぼせのある方は、蓄積された疲労が胃弱や食欲減退を招いて夏バテを深めてしまいます。
こうした夏の体調不良を防ぐには、エアコンの設定温度を外気温±5℃以内にする。
入浴はシャワーではなく、湯船にしっかり浸かることが有効です。
そして、涼しいところに居続けないで、一日一度は外に出て、ウォーキングなど軽い運動で汗をかきましょう。
当院が所属する梅田町会では、7月21日(日)・22日(月)の2日間、盆踊りを開催します。
盆踊りはゆっくりした踊りに見えますが、思っているより汗をかきます。
腕を上げる動作など、運動になる動きもたくさん詰まっています。
院長も責任者として名を連ねていますので、皆さまのご参加を心よりお願いいたします。
東京は踊りの種類が豊富で、踊り方がわからない方、忘れてしまった方のために盆踊りの練習会も実施しています。
今年は7月7日(日)、14時〜17時に和晒ビル3階で開きますので、ふるってご参加ください。
最後になりますが、当院では血流の改善、神経の圧迫を取り除くなど、夏の厳しい気温や湿度にも無理なく順応して、冷えや夏バテを防ぐために身体のゆがみ調整を積極的に行っていきます。
ぜひ一度ご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 6. 3
6月22日はお休みします
当院では、6月の第4土・日に、スタッフ全員で1泊2日バスの旅に出かけます。
行き先は埼玉県秩父市にある三峯神社です。
ご存知の方もいるかもしれませんが、関東でも有数のパワースポットとして知られている神社です。
山奥にあるので神社の宿坊に宿泊するのですが、急病やケガ人が出たら救急車を呼ぶのに2時間かかるといわれるような場所です。
三峯神社自体も山奥に在りますが、そこからさらに登山すること1時間以上に奥宮という山の上の宮があります。
山の稜線を歩き最後には鎖を伝って登らなくてはならない急坂もありますが、登る価値は十分にあります。
6月は時節柄、雨に降られて登れないこともありますが、天気に恵まれたら登るべきでしょう。
途中で雲取山へ分かれる分岐がありそちらで迷子になった人もいたようなので、単独登山は避け、誰かと一緒に登るべきですね。
6月ですが山には特有のセミが生息しているそうで鳴き声が聞けます。
また、神社の宿坊では運が良ければ裏山にシカがあらわれたり、早朝に雲海が見られる時もあります。
早朝、鐘の音で目覚め、朝風呂で身を清め、拝殿で祈祷していただきます。
本殿前の御神木に触れて気をいただいてくるのも忘れません。
浅田真央さんが持っていたという、毎月1日に配布されていた白い気守りが有名ですが、人気が高過ぎて現在は配布中止となっているそうです。
私は本田講という歴史のある講に参加させていただく形で、かれこれ10年以上参拝させていただいております。
ここ数年は当院の患者さんにも参加希望者が増えて、かなりの人数での旅行となっています。
ということで、6月22日(土曜日)は休診となりますので、よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 5. 7
大型連休
2019年のゴールデンウィークは特別なものになりました。
人によっては最長で10連休という、かつてない大型の連休です。
夏休みや正月休みでもなかなかないような連休が、気候のよい春に取ることができましたね。
今年は早いようですが、例年なら東北以北で桜の見られる時期です。
1週間以上ないと行けない小笠原諸島にも行けます。
7日間以上のツアーばかりのヨーロッパやアフリカ、南北アメリカやオーストラリアも有休を使わずに行けます。
しかし、大抵の旅行は予約がいっぱいで取れないか、普段の3倍ぐらいの料金になっているようです。
反面、ゴールデンウィークなど関係なく仕事をしなければならない方もいますよね。
ホテル関係の方はもちろん、交通・販売・テーマパーク・飲食などサービス業の方々は連休など取れません。
今年の5月1日は、天皇の即位の日で元号も変わり、なんと大安吉日です。
記念すべき日に入籍する人も多く、役所も対応を考えていると聞きました。
入院患者のいる病院ももちろん休めません。
365日対応ですからね。10連休取れる人も、ただただよかったとはいかないようです。
月の1/3が休日になりますから、その期間に行うはずだった仕事をどこかで処理することになるわけです。
恐らくお休み前後は大忙しになるでしょう。
そうして疲れを溜めてしまうと、ちょっとしたはずみでケガをしやすくなったりします。
急患対応の医療機関はあるとはいえ、大抵の開業医はお休みですから、日頃から体調には十分に気をつけましょう。
当院は連休中、5月1日・2日に半日ほど施療することで対応することとしました。
皆さんにとって、今年はどんなゴールデンウィークになりましたか?
2019. 7. 1
体幹トレーニングで腰のトラブルを撃退!

◆腰回りのインナーマッスルに効く
・四つん這いになり右脚と左手を上げる
・右脚と左手が水平になる様に伸ばす(10秒キープ)

◆腰の安定に役立つメニュー
・仰向けになり足を肩幅に開き膝を立てる
・鼻から息を吸う
・下腹部をへこませるように息を吐く(30秒キープ)

◆股関節やお腹周りを鍛える
・仰向けになり足を肩幅に開き膝を立てる
・腰を浮かせ足を組むように左脚を右脚に乗せる(10秒キープ)

強いインナーマッスルを味方につけて楽に動ける身体作りを

━━━━━━━━━━━
2019. 6. 3
ジメジメした天気で疲れが溜まったら、
腰を痛めるその前に…
梅雨に負けない腰痛対策

◆腸腰筋ストレッチ 左右交互に2〜3回
・椅子に座り胡坐の要領で片足を乗せる
・背筋を伸ばしてゆっくり前に倒す
・20秒キープしたら元に戻す

◆ツイストストレッチ 左右交互に2〜3回 ・椅子に足を組んで座る
・上になっている足側の手で背もたれをつかむ
・反対の手で上の足を抑えながら体をひねる

◆背面ストレッチ 左右交互に2〜3回
・椅子に座り片手は足の上に置き反対の手を前に伸ばす
・ゆっくり息を吐きながら体を前に倒す

毎日のストレッチで雨の日もコンディションを整えよう

━━━━━━━━━━━
2019. 5. 7
冷えや疲労でインナーマッスルがつってしまう「ぎっくり腰」
子育てママにも増えています。

アウターマッスルがつって引き起こされる「コリ」
部活動のオーバーユース、ゴルフのスイングでも発症!

神経の通り道が狭くなって痛み出す「神経放散痛」
腰を反ると痛むので、猫背などが慢性化することも!
「間歇性跛行」になる前に対処しましょう!

腰痛予防のはじめの一歩、軽そうな物でもしゃがんで荷物を身体に近づけゆっくり持ち上げましょう!



交通事故の施術も行っています

ニコニコ整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、03-5698-3170 までお電話ください。