2017. 3. 1
ウォーキングのすすめ
3月になりました。
だんだん暖かい日が増えてきたら、少しずつ身体を動かしましょう。
ウォーキングが手軽でお薦めです。
歩くことで体力がアップします。
日光を浴びることで、カルシウムの吸収が促進されます。
心肺機能もアップして免疫力も上がります。
身体を動かすことで血流が良くなり、生活習慣病予防やダイエットにも効果的です。
歩き方は、アゴを引いて少し先を見ながら大きく手を振って、やや大きめに踏み出すように。
一歩一歩、かかとから着地して、つま先から離しましょう。
少し息が上がるぐらいのペースが効果的です。
ウォーキング後は直ぐに座らず、歩いた分と同じぐらいの時間、座らずにいましょう。
そうすることで脂肪燃焼効果を上げます。
また、前後のストレッチは重要です。
冬の寒さで筋肉が硬くなっていると、急に動いてケガすることがあります。
脚だけでなく全身の筋肉をゆっくり、反動をつけずに伸ばしましょう。
ポイントは痛気持ちいいぐらいのところでその状態をキープすること。
春の気配が感じられる季節です。
土手沿いの道、今まで気付かなかったお店を見つけるのも楽しいですよー。
心身に効果のあるウォーキング、コレはもうやるしかないでしょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017. 2. 2
スギ花粉来襲!
2月の声を聞くと、春の訪れが待ち遠しい反面、憂鬱な気分になります。
なぜなら、花粉症の季節がやってくるからです。
花粉の飛散が早い年は、2月中旬からクシャミや鼻水に悩まされる方が見受けられます。
花粉症の一番の撃退法は体内に花粉を入れないことでしょう。
マスクと花粉防止用のメガネをかけ、花粉のつきにくい服を着て帽子をかぶる。
外出先から戻ったら玄関で花粉を落としてから家に入る。
家族の協力も欠かせません。
布団はあまり干したくないし、洗濯物も同様です。
もちろん、治療法も年々進歩しています。
クシャミや鼻水を抑える抗ヒスタミン薬。
効果はありますが、眠気などの副作用で敬遠される方も少なくありません。
アレルギー物質を少しずつ体内に取り入れて症状を抑える免疫療法。
こちらも効果的ですが、花粉が飛散する以前から計画的に実施しなければいけないので、タイミングを逃してしまうことも…。
やはり堅実な方法は、睡眠を十分に取って生活リズムを整え、免疫の上がるヨーグルトや青魚、甜茶などを上手に摂取して体質改善に努めることです。
当院でも、身体のゆがみを改善して、免疫力を引き上げる施術で体質改善のお手伝いをしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017. 1. 10
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
昨年がよい年だった人も悪い年だった人も、等しく気持ちを切り替えて、新たな一年をはじめましょう。
冬真っ只中、女性を中心に冷えに悩んでいる方も多いと思いますので、冷え対策を幾つかご紹介します。
血行促進には、土の中で育った野菜は身体を温めるので、ショウガ、ニンニク、トウガラシ、長ネギなどを摂りましょう。
豚汁や温野菜サラダがお勧めです。
また、寒いからと家にこもったりせず、できるだけ外出しましょう。
歩くことで足の筋肉が刺激され血行が促進されます。
ひと駅多く歩いてみたり、当院までの道のりも運動だと思いましょう。
毎年、成人式前の日曜日は、立石商店会主催で立石駅から柴又駅までを歩く、立石ウォークが開催されます。
約4kmを1時間ぐらいで歩きます。
ぜひ参加してはいかがでしょうか。
私も毎回参加してます。
運動が苦手な方は、湯船に浸かって足の甲からふくらはぎを下から上にマッサージすると、リンパや血流が改善します。
寒さで痛みの出る人は、首・手首・足首の保温に心がけましょう。
当院でも冷えに対する施術をしています。
お気軽にご相談ください。
身も心も温かく、新しい年をはじめましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 12. 1
不眠
先日、3日間眠れていないという患者さんがいました。
いつも忙しく普段から睡眠時間の短い人でしたが、3日間まったく寝てないのに、仕事はバリバリこなしていたそうです。
血圧も上がり、首から肩にかけて強張って、医師に相談したところ、とくに悪いところはないといわれたそうです。
心配事が重なってストレスもあったのでしょう。
医師と話したら安心したのか、その日から少し眠れるようになり、食欲も多少戻ったそうです。
当院でも自律神経の乱れている方が来院したら施術はもとより、患者さんの話をていねいに聞くことを心掛けています。
人に話すことで楽になることもあるんです。
忙しさの中で忘れがちですが、とても大切なことだと思っています。
眠りといえば、睡眠時間6時間以内の人はショートスリーパーで外向的な人、9時間以上の人はロングスリーパーで内向的な人といわれるようですが、私は年とともにロングスリーパーからショートスリーパーになってきました。
眠り関連して枕について相談されることも多いです。
当院ではバスタオルでつくる枕を薦めています。
ぜひ来院時にスタッフにつくり方を聞いてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 11. 1
ヒートショックプロテイン入浴法
ヒートショックプロテインとは、ダメージを受けたタンパク質を修復するタンパク質です。
このヒートショックプロテインが体内に多く存在するほど健康と考えられ、冷え・むくみ・低体温の改善、代謝アップ、脂肪燃焼、コラーゲン合成促進、体力増加、運動能力向上などに効果を発揮します。
ヒートショックプロテインを増やす方法は、入浴前に500ml程度の水を摂取。
お湯の温度が42℃なら10分 (41℃なら15分、40℃なら20分)。
浴槽の蓋を閉めて首だけ出して湯温が下がらないように入浴します。
入浴剤を使うとさらにいいと思います。
体温が38℃ぐらいになるのを目指します。
湯上りはバスタオルなどで身体を包み10〜15分保温します。
入浴後にも500ml程度の水を摂ります。
間隔は週2日くらい、ツライときはただちに中止してください。
入浴の2日後、ヒートショックプロテインは激増します。
免疫力もアップし、これからの季節はインフルエンザや風邪の予防にもなります。
ジョギング30分の有酸素運動や加圧トレーニングと同等の効果がありますが、とてもハードな入浴法なので、持病のある方はあらかじめ医師に相談の上、行ってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 10. 2
スポーツを楽しもう
世界中が盛り上がったリオ五輪も終わり、自分でも身体を動かしたくなる季節。
最近は、なにかしら運動している方が多くなったように思います。
朝のラジオ体操、ウォーキングにランニング。
ゴルフやテニス。
女性はホットヨガやフラダンス。
年配の人に意外と多いサーフィン。
サッカーをしているお子さんと審判資格にチャレンジするお父さん。
スポーツサイクルや格闘技、武術に打ち込んでいる人もいます。
しかし、運動初期、冷え固まった筋肉をいきなり動かすのはとても危険です。
身体を動かす前は十分にストレッチを行いましょう。
ポイントは、
@反動をつけない。
A呼吸を止めない。
B張りを感じるところで15秒程度、姿勢を保つことです。
また、どんなスポーツでも、どのように身体を動かすかコツを掴むことが大切です。
ところが骨盤がゆがんでいると、このコツが生かせません。
簡単な動作もゆがんでいると複雑な動作になってしまうのです。
当院で骨盤のゆがみを整え、十分にストレッチを行い、運動した後はアイシングなどアフターケアを忘れずに、ケガをしないようにスポーツを楽しみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 9. 1
9月のイベント
9月の立石地域はイベント盛りだくさん!
9月3日(土曜日)は、商店街主催で立石フェスタが行われます。
サンバパレードで有名ですが、ほかにも大抽選会や各ステージでの催し物など、朝から夕方まで大盛り上がりです。
イベントやパレードに関する詳しいパンフレットは当院にも置いてありますので、ご自由にお持ちください。
当日は、駅前通りや桜通りがパレードなどで通行できない時間帯もあるので、当院でチェックしましょう。
つぎに9月11日(日曜日)は、梅田神社の神輿が出ます。
今年は本神輿なので、みなさまの参加を心よりお願いします。
本音をいえば人手不足です。
チョットでも興味のある方は、当院スタッフまでお問い合わせください。
10日は前夜祭で、子ども会主催の露店が出ます。
夜は子どもビンゴと大人ビンゴがありますので、ご家族で景品を引き当ててください。
明けて神輿のスタートは昼の12時です。
小さい子には引き太鼓、小中学生は小神輿、大人は大神輿と揃っています。
なるべく多くの方の参加をお待ちしております。
当院院長もイベントのお手伝いをしますので、見かけたら声を掛けてくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 8. 1
盆踊り
東京では7月にお盆を迎え、盆踊りが各町会で催されます。
7月末から8月にかけてあちこちで笛や太鼓の音が聞こえてきます。
昔、印度に目蓮尊者という人がおりました。
ある日、亡父母の所在を見出そうと神通力で天上界から地獄の底まで観たところ、父は天上界にいましたが、母は餓鬼道に堕ちて骨と皮ばかりの哀れな姿でした。
尊者は大いに悲しみ、鉄鉢に飯を盛り捧げました。
ところが母が口にすると、飯は猛火となって食べられません。
これを見た尊者は仏のもとへ参り、泣いて救いを乞いました。
すると釈尊は、「これを救うには7月15日に盂蘭盆会を修行すること。
過去7世の父母、現在の父母、苦しみにある者のために飲食を盛り、清き座を設け、僧を招じて供養するのである。
」 尊者はすぐさま言に従い、手厚い供養をしました。
そうして母の所在を観ると今度は餓鬼道にはおらず、善処に安楽を享受しておりました。
これを見た尊者は欣喜雀躍し、これが盂蘭盆の由来であり、盆踊りのはじまりとされています。
私の田舎、福島では8月の旧盆に相馬盆唄にあわせ踊ります。
先祖の供養と考えながら踊りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 7. 1
楽ちん身体づくり
夏になって薄着になり、ビールを飲む機会が増えると、ポッコリお腹が気になる人が増えてきます。
それほど脂肪がなくても、腹筋が弱くなるとお腹の内圧が緩んで、ポッコリ出てくるのです。
脂肪を減らすには食事制限ですが、腹筋の衰えには腹筋強化が必要です。
腹筋運動というと、上体を起こす運動が一般的ですが、この運動はお腹の前面にある腹直筋という筋肉を鍛えます。
ポッコリお腹対策には腹腔を脇から締めて、脇腹の奥深くにある腹横筋の強化が最適です。
そのための運動がドローインです。
引っ込めるという意味のドローインは簡単な動きですが、とても効果があります。
姿勢を正してまっすぐ立ちます。
そのままゆっくり息を吐きながらお腹をへこませていきます。
(同時に肛門を締める感じで力を入れます) おへその下をへこませるイメージで、へこませたら、その状態を30秒ほど保ちます。
これを1日10回ぐらい行います。
もっと少ない回数からでもOKです。
仰向けで膝を立てた状態でも、歩きながら、デスクワーク中、家事をしながらでも効果的なので、ぜひお試しください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 6. 1
グルテンフリー
みなさんはグルテンフリーという言葉をご存知ですか?
テニスのジョコビッチ選手が取り入れていることでも話題の小麦などに含まれるグルテンというタンパク質を除いた食生活をいいます。
ダイエットはもとより、アレルギーにも効果があるとされます。
グルテンが入っている具体的な品目は、国民食のラーメン。
パスタやピザにパン。
日本の食文化にかかせないうどん。
夏に重宝されるそうめん。
蕎麦は蕎麦粉だから大丈夫だろうと思ったら、十割蕎麦以外はつなぎに小麦が使われているので要注意!
天婦羅も衣がダメ。
クッキー、ケーキなどの洋菓子類。
アルコール飲料ではビールなどが該当します。
では、なにを食べればよいのか?
米、トウモロコシなどの穀物。
米粉のパン、麺(ビーフンやフォー)。
大豆製品。
野菜や肉、卵、魚介類。
タンパク質は摂らないと!
果物。
乳製品。
ナッツ類。
春雨、しらたき、葛切りもOK。
結果にコミットするでは、春雨はダメらしいです。
アルコール好きには、純米酒、ワインなどは大丈夫ですよ。
ウチの家族も試していますが、なかなか大変です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 5. 9
ストレスを溜めない
春から新しい環境に変わった人も多いと思います。
入学、就職、転勤などそれぞれあったかと思いますが、緊張のひと月が過ぎて、ぼちぼちストレスの溜まってきた頃ではないでしょうか。
強い疲労感を感じて無気力状態になる。
よく眠れない。
なかなか起きられない。
寝起きが悪い。
イライラする。
動悸がするなど、これらは身体が発するストレスのサインです。
上手にストレスを発散し、ストレスによるさまざまな病の発症を未然に防ぎましょう。
一年の中でも過ごしやすい時期なので、戸外に出て散歩がてらのウォーキングやランニング、サイクリングなどもよいと思います。
時間と体力があれば軽い山登りもオススメです。
もちろん外に出かけなくても、家の中で身体をストレッチするのもよいですね。
身体のあちこちをゆっくり伸ばしてみてください。
退職された方は、時間に余裕もできてお酒を嗜む機会が増えたかもしれませんが、肝臓が悲鳴を上げることのないよう、外出したり、身体を動かし、地域活動などにも参加してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 4. 1
春眠
日差しがポカポカと暖かく、春風の心地よい季節になると、ついつい寝坊や居眠りをしてしまいます。
自律神経の乱れなど諸説あるようですが、眠気をスッキリさせる方法を紹介しましょう。
@目覚めたらカーテンを開け、太陽の光をたっぷり浴びる。
セロトニンという脳を覚醒するホルモンが分泌されます。
A起床30分前くらいから心地よい音楽をセットしておく。
B目覚めたら仰向けのまま息を吐き、両足をゆっくり胸に引き寄せる。(手足の指をグーパー、グーパーと動かすこともおすすめです)
C起床時間はできるだけ一定に保つ。
それでも眠くなったら、薬指の爪の生え際を逆の手の親指と人指し指で強めにつまんで押しましょう。
交感神経が刺激されます。事情が許せば、20分程度、昼寝をするのもいいでしょう。
昼寝は夜の睡眠の2、3時間に相当するともいわれます。
30分以上だと、脳が熟睡モードに切り替わって逆効果です。
眠気に負けずに新年度をスタートしましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 3. 1
身体を動かそう
3月になってだんだんと暖かい日も見られるようになってきました。
冬の間に凝り固まった身体も少しずつ動かしていきましょう。
年度末の忙しいデスクワークでギュっとなった筋肉をゆっくりストレッチしましょう。
首から肩甲骨、腰のインナーマッスルまで。無理のない簡単な方法や、アスリート向けのハードなプログラムも当院に相談ください。
それぞれの運動や目的に最適な動かし方を指導します。
桜のつぼみも徐々に膨らんでくる頃です。
当院前の桜通りや土手沿いの道を、春の訪れを感じながらゆっくり、次第にペースを上げてのウォーキングもたのしいですよ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 2. 1
お腹を凹ませるには
ぽっこりお腹をへこませようと腹筋を試みる人は多いと思いますが、意外なところを鍛えると代謝がよくなって脂肪燃焼に効果アリなのを知っていますか?
それは下半身です。
太もも・ふくらはぎ・お尻などの大きな筋肉を鍛えると筋力が付いて、疲れにくく痩せやすい身体になります。
ではどうやって下半身を鍛えるかというと、歩くことです。
素早く歩くようにしてみましょう。
階段の上り下りも効果的です。
エレベーター・エスカレーターを階段に変え、普段も出かけるときは早足を心がけましょう。
もっと鍛えたい人は足に重りをつけると本格的にトレーニングできます。
腹筋のトレーニングではなくウォーキング?
と思われるかもしれませんが、日常生活に取り入れて続けやすいと思いますので、ぜひやってみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016. 1. 7
〜新春ウォーク〜
あけましておめでとうございます。
立石では毎年1月に商店連合会主催の柴又ウォークが開催されます。
立石駅前アーケードから出発し、柴又駅前の寅さん像までの約4Kmを1時間ぐらいかけて歩きます。
小さなお子さんから年配の方までどなたでも参加できます。
普段あまり運動していない人でも無理なく歩けると思うので、年のはじめにオススメの行事です。
柴又駅前で解散なので、あとは屋台の並ぶ参道を見て帝釈天に参拝し、帰りは歩き足りない人は歩いて戻ってもいいし、電車で帰宅もOKです。
当日受付・自由参加ですので、ぜひみんなで一緒に歩きましょう。
詳細は院のホワイトボードに掲載します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015. 12. 1
〜年末のケガ〜
今年もいよいよ最終月となりましたね。
みなさまも仕事・忘年会・大掃除といろいろ忙しいのではないでしょうか。
そういう時にケガをしてしまうことが多いのです。
荷物を持つ時はしゃがんでから持ちましょう。
高い所にある物は安定した台に乗って、無理のない姿勢で取りましょう。(車輪付きのイスに乗って落ちる方がよくいます)
忘年会帰りの階段の踏み外し、転倒、電柱やガードレールにぶつけた、自転車で転んだなど、酔いも手伝ってそのまま動いてしまうとケガは悪化します。
身体を動かす前には当院で体調を整えて、ケガをしたら早目の施療をおすすめします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015. 11. 2
〜腰痛を防ごう!〜
腰痛の患者さんには、腹筋を鍛えるために、上体起こしを指導しています。
仰向けに寝て膝を立て、首に力を入れないように上体をゆっくり起こしてください。
へそをのぞきこむのがポイントです。
5秒くらいで元に戻します。
1日5回程度を毎日続けることが大切です。
これにより腹前面の腹直筋が鍛えられます。
お腹をへこませたい人は腹脇の腹横筋を強化したほうが効果的です。
これにはドローインがいいでしょう。
息を止めずに1回30秒ぐらいを目安に腹をへこませます。
いつでもどこでも歩きながらでもできるいい方法だと思います。
ぜひ一度試してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015. 10. 1
〜スポーツをする時は〜
そろそろ身体を動かしたくなる季節になります。
エアコンで冷え固まった筋肉は、いきなり動かすと悲鳴を上げます。
身体を動かす前には充分なストレッチをしましょう。
ストレッチのポイントは、反動をつけない・呼吸を止めない・張りを感じるところで15秒ほどその姿勢を保つことです。
また、どんなスポーツでも、どのように身体を動かすかコツを覚えることが大切です。
ところが、骨盤が歪んでいるとこのコツが活かせません。
簡単な動作もゆがみで複雑な動作になってしまうのです。
当院で骨盤のゆがみを整えて、楽しくスポーツをしましょう。
2017. 3. 1
意外と知らない、捻挫と挫傷について

スポーツに限らず日常生活でも意外に多い「挫傷」。
挫傷(ねんざ)と捻挫は似ていますが異なるケガです。

捻挫・・・関節部の損傷
筋挫傷・・・筋肉自体の損傷

感じる痛みは同じかもしれませんが、それぞれに治療法が異なります。

今月の健康新聞は捻挫特集です。ぜひご覧ください。
こじらせることのないよう、早期受診を心掛けてくださいね。
挫傷をきっちり治したい人は整骨院まで!

整骨院は、『整骨・整筋・整膚』の三つを整えて、身体を正常な状態に導きます。
クスリを使わないので副作用が気になる人にも安心!

気になる身体のことは、なんでも整骨院に聞いてください。

━━━━━━━━━━━
2017. 2. 2.
関節のあるところに「捻挫アリ」!
捻挫を軽く考えたらダメですよ。

シップは炎症を抑えるだけで、ケガを治してはくれません!
よく捻挫は“クセ”になるといいますが、それはまだ完治していない“負傷中”のままなのです!

今月の健康新聞は捻挫特集です。ぜひご覧ください。
捻挫をきっちり治したい人は整骨院まで!

整骨院は、『整骨・整筋・整膚』の三つを整えて、身体を正常な状態に導きます。
クスリを使わないので副作用が気になる人にも安心!

気になる身体のことは、なんでも整骨院に聞いてください。

━━━━━━━━━━━
2017. 1. 10
あけましておめでとうございます。

近くで・便利で・身体に優しい。
今年は整骨院で健康はじめ!

今月の健康新聞もぜひご覧ください。

整骨院は、『整骨・整筋・整膚』の三つを整えて、身体を正常な状態に導きます。
クスリを使わないので副作用が気になる人にも安心!

新しい年、気になる身体のことは、なんでも整骨院に聞いてください。



交通事故の施術も行っています

ニコニコ整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、03-5698-3170 までお電話ください。